ストレスがもたらす病

医者

その対策と治療法とは

学校や職場の人間関係などでストレスを感じる人は少なくありません。しかし、過度のストレスがかかった結果、うつ病を発症してしまう人もいます。うつ病を予防するために私たちができることには、どのようなものがあるのでしょうか。1つは、ストレスと上手に付き合うことです。人間は、生きている以上、様々なストレスにさらされます。職場や部活動での上下関係、仕事の会議や学校の試験といったプレッシャー、受験や就職、結婚など人生の大きな転換期など、ストレスを感じるシーンは多く、もはやストレスを避けて生きていくのは不可能といえます。生きていく上で避けることができないストレスですが、友人や恋人と楽しく過ごしたり、運動をして気分転換を図ったりしてストレスと上手に付き合うことが大切です。次に、悩みや重圧を1人で抱え込まない事です。悩みのない人はいません。悩みを1人で解決する人もいますが、抱えきれないような深刻な悩みは、信頼のおける人に相談することで、気持ちが軽くなります。最後に、休みの日にはゆったりと休養することです。身体が疲れていると些細なことでも落ち込みやすくなってしまいます。十分な睡眠は、心身の疲労の回復に重要な役割を果たします。うつ病を発症してしまった場合、どのような治療方法があるのでしょうか。うつ病の治療法として、大きく3つのものがあります。1つは、休養です。仕事や学校、家事を休むことでストレスから一時的に距離を置き、心身ともに休むことを指します。職場や家族の理解が大切になります。次に、精神療法です。医師や臨床心理士とカウンセリングをしたり、集団でロールプレイングをしたりすることで、ストレスに対してどのように対処すべきかや患者の人格の成長を図る目的で行なわれます。最後に、薬物療法です。SSRIなどの三環系抗うつ剤を服用することで、症状の改善を行ないます。抗うつ剤を服用してからすぐに症状の改善は見られないため、症状が改善するまで服用する必要があります。また、一旦症状が改善されたからといって服用を止めてしまうと反動があるので、症状に変化があれば自分だけで判断せずに、必ず医師と相談して服用する薬の量を調節していくことが大切です。この3つの中からその治療法を選択するのかは、医師により異なりますが、殆どの医師が薬物療法を選択するようです。また、薬物療法だけでなく、それ以外の治療法も併せて行なう医師も少なくありません。

男性

減額制度を利用しましょう

うつ病の治療は心療内科などで行われており、相談ができることから特に人気となっています。手続きを行えば費用を抑えることができるので、制度を利用するのがオススメです。数回の検査を行いながら治療が進められるため、長期的な治療が求められます。

ハート

橋渡し役を利用して

子どものうつ病の治療中には、学校などから孤立しやすく、そこから焦りが生まれることがあります。大人のうつ病とは異なる点も多いので、養護教諭やスクールカウンセラーなどを頼りながら、病気に関する知識を深めて連携していくことが大事になります。

男性

子ども時代も注意

子どもでもうつ病を発症することがあり、そこで見逃されたままになると成人期に重度のうつ病を発症する確率も高くなります。気軽に通えるメンタルクリニックなどを見つけ、子ども時代からケアしていくことが長期的にみても重要です。

女性

2週間落ち込みが続いたら

うつ病になりやすい人は総じて真面目で自分の痛みに鈍感ないしは我慢してしまう性格をしています。そういった人はストレスを溜めやすく、知らず知らずのうちに心が蝕まれています。異変を感じたらすぐに病院を受診しましょう。

聴診器

種類と特有の症状及び対策

うつ病は、該当の特有の症状のあらわれ方によって、大うつ病性障害及び双極性障害に大きく分けられています。それぞれの症状には特徴があり、薬の量の調整などその特徴に合わせた治療法を行うことが重要になります。